最初に貯金額を決めてから生活費のやりくり

毎月の貯金は、主人の給料から財形から35,000円の天引きと、天引き後の手取りから郵便局に15,000円、車検用積立に7,000円、旅行会社の積立てに5,000円貯金しています。
生活費の余った額から貯金ではなく、最初に貯金に回す額を決めてやりくりいます。その方が貯めやすいと思うからです。

貯金の目的は、車検や旅行の貯金もありますが、そのほかは実は、目的はほんとんどありません。それがいいのか悪いのかは分かりませんが、いざという時、大きなお金が必要な時に備えてってところです。車も貯めたお金で現金で一括で払いました。なぜなら毎月、ローンを残すのが嫌だからです。利息もありますし。それだったら貯金をして、その時にお金があれば現金で買いたいと思います。
まだ先ですが、老後も心配です。年金はどれぐらいもらえるのか、退職金は当てになるのか、今貰っている世代よりは明らかに少ないと思います。老後は貯金を取り崩して生活していかなければいけないような気がします。貯金もなくて、借金に手を出すような生活はしたくありません。主人の両親は自営業をしていて、今はもうそのお店は閉めているのですが、閉める間際は売り上げに対しての支払いが追いつかず自営業でも借りられるローンを利用して支払いをしていました。そして老後を迎えた今もその時の借金を年金の中から返済をしている状況です。ですから、お金に余裕もないので孫たちに何かしてやるとかお祝いとかっていうのは一切してもらったことがありません。してほしいとかそういうのではないのですが、自分はそんな人生は送りたくないなと思うのです。なので毎月の貯金っていうのは絶対にしてきたいと考えています。
今は、最初に月々の貯金額が決まっていますが、生活費の中から浮いたお金も少しずつ貯金に回していきたいです。貯金に回せるような節約をしていきたいです。一番、節約しやすいのが食費だと思います。買い物に行く回数を減らしたり、外食に使うお金を抑えたりです。忙しかったり、仕事で疲れていたりすると外食に頼りがちですが、家で簡単に出来る調理にして外食費を節約出来たらと思います。ただ、どうしても無理な時はたまには外食もいいと思います。
まだまだ何かしらの節約できる余地はあると思うので、出来る範囲で無理のないように貯金に回せるお金を作っていきたいです。

 

Leave a Reply