奨学金の返済が大変で…

専業主婦で、貯金を切り崩しながら奨学金の返済をしてきましたがここ数年で色々あって…そろそろ蓄えも底をつきそうです。20代の頃体調が悪い時期が何年かあり、返済猶予の期間をだいぶ使ってしまったために猶予期間ももうほとんど残っていません。結婚してからも体調があまり良くない時期があり、実家から経済的な支援も何度か受けました。ありがたい、と思うと同時に、親には内心申し訳ないやら自分が情けないやらで、とても複雑な気持ちになりました。働ければ働きたいけど、どうも体調がおかしい。仕事を見つけても続くかどうか自信がない。そうこうしている間に預金残高はどんどん減ってきて焦る。そんな状態がここ何ヶ月かずっと続いていました。先日は、電気代の支払いができなくて、今月支払わないと止まってしまうという危機。この時ばかしは仕方なく収入のない主婦が借りれるローンを利用してお金を用意しました・・・

主人は現在失業中で、職業訓練の給付金でなんとか生活している状態です。主人の収入に頼りきりというわけにもいかず、(私自身の体調が優れないのを、何とか無理をして)パートの仕事を見つけたり、在宅でライターの仕事を始めたりもしています。ですが在宅の報酬は今月分はせいぜい数千円程度、今月分のパートの給与が入るのは奨学金の引き落とし日よりも後になるため、今月分の奨学金の支払いはどうやらできなさそうです。
パートの給与は15日締め月末払いのため、今月末に支払われるのは2月15日までの分。しかし、仕事についたのが2月上旬のことで、月末に入ってくるのは研修期間3日分の給与のみ。これに在宅ワークの収入を合わせても、来月の引き落とし日までに奨学金2か月分約2万4千円…という金額に届くかどうかはちょっと分かりません。3月末にパートの給与が入ってくればそれ以降は遅れずに払えるようになるのですが…。それまで誰かに借りるか、4月まで支払いを待ってもらうか…と、しょうもないことで毎日悩んでいます。
また、家事もやりながら在宅で働くとなると、初心者ではなかなか思うように時間が取れません。まぁ、主人が積極的に家事を分担してくれているので、そこはとても有難いですが。

…ちなみに奨学金の減額申請はしていません。申請には平成26年度分の所得証明が必須(と日本学生支援機構のサイトに書いてある)なのですが、1月に市役所へ所得証明をもらいに行ったら「今は平成25年度分しか出ません」と言われて、どうしたものかと…。26年度分、1年丸ごとじゃなくて上半期の分だけでもいいんだけど…。
また、体調が悪いといっても今は「過敏性腸症候群」というやつで、医者に診断書を書いてもらって「この人には一定期間の加療が必要です」という風にするのは恐らく無理だろうと思います。本人にとっては症状がとてもしんどいけど、そのしんどさは医者にもなかなか分かってもらえない。そういう病気です。
そもそも減額申請手続きが(書類嫌いの私にとっては)非常に煩雑で、これまで何度か申請を出そうとして挫折してきました。「手続きが大変だからもういいや、働いて稼いだ方が早い…」という気持ちになるように誘導されているのかと、変な勘ぐりを入れたくなるときがありました。

…こうやってザッと書いてみて思ったのは「要は早い段階で減額申請しとけば良かったんじゃね?」ということですね。つまりは自業自得なわけですな。
自業自得だと分かった途端、なんだか気持ちが落ち着いてきました。焦りが無くなったというか。
何だろう…とりあえず稼げるだけ稼いでみよう、頑張ろうって気持ちになってきました。変な〆になってしまいましたが、書いてみて良かった。ありがとうございました。

 

 

Leave a Reply