Archive for 3月, 2015

最大30日間無利息でお金を借りられる

土曜日, 3月 21st, 2015

一週間という期限内に返済を済ませたら、何度キャッシングをしても一週間無利息サービスが受けられる他にはないサービスを行っている消費者金融もあるのです。一週間という短期間で返す必要がありますが、返すことができる心当たりのある方には、嬉しいシステムですね。

数多くの一流の消費者金融系列のローン会社は、契約完了を確認後指定の銀行口座に即日の振り込みも可能な即日振込サービスであるとか、初めて申込みされた方には、最大30日間無利息でお金を借りられるサービスなどを実施しており人気を呼んでいます。

私は以前、引越し費用を借りるのにキャッシングを利用したことがありますよ。
引越し費用ローン※引っ越し代が足りない時に借りれるローン会社

銀行系列のカードローンは消費者金融系キャッシング会社と比較して、発生する借入金利が非常に安く、限度額も高くなっています。ところが、審査の速度即日融資の可否に関しては、消費者金融の方が間違いなく早いです。

融資を申し込む場所については相当苦慮するところですが、できるだけ低金利にて貸付を申し込む場合は、現在は消費者金融業者も選択項目に加えるといいと思っています。

実際に店舗に行くというのは、好奇の目が気になって困ると思っているのであれば、インターネットサイトの消費者金融業者の一覧表などをうまく活用して、自分に合った借入先を探してみてください。

消費者金融系を主軸とした、キャッシングに関することを比較し紹介している便利なサイトです。加えて、キャッシングのあらゆる件に関わっている資料をまとめたコンテンツもたくさん掲載しています。

全国規模の消費者金融会社だったら、即日での審査並びに即日融資でも、貸付金利の方は低金利で借入の申し込みをすることが可能ですから、安心感を持ってキャッシングが可能になります。

そもそもどこにすれば無利息という金利で、消費者金融から借金をすることが可能になるのか?無論、あなたも関心を持っているのではないでしょうか。ということで、目を向けてほしいのがユニークなCMが印象に残るプロミスです。

どれほど低金利をアピールされても、借り手の立場からすると最も低金利の消費者金融会社からお金を借りたいという気持ちになるのは、皆同じなのではないでしょうか。ここでは消費者金融会社の金利について低金利の部分で比較しつつ紹介していきます。

ただちにお金を準備しなければならない場合のために、即日ローンでも借りるのが楽な消費者金融を様々な角度から比較してランキングという形で公開しています。消費者金融においての基本的な知識などもたくさん掲載しています。

審査の緩い消費者金融を取りそろえた比較サイトです。借り入れに失敗しても、拒否されても悲観することはありません。低金利で貸し出ししてくれるキャッシング会社をチョイスし、効果的に運用してください。

最初に貯金額を決めてから生活費のやりくり

金曜日, 3月 13th, 2015

毎月の貯金は、主人の給料から財形から35,000円の天引きと、天引き後の手取りから郵便局に15,000円、車検用積立に7,000円、旅行会社の積立てに5,000円貯金しています。
生活費の余った額から貯金ではなく、最初に貯金に回す額を決めてやりくりいます。その方が貯めやすいと思うからです。

貯金の目的は、車検や旅行の貯金もありますが、そのほかは実は、目的はほんとんどありません。それがいいのか悪いのかは分かりませんが、いざという時、大きなお金が必要な時に備えてってところです。車も貯めたお金で現金で一括で払いました。なぜなら毎月、ローンを残すのが嫌だからです。利息もありますし。それだったら貯金をして、その時にお金があれば現金で買いたいと思います。
まだ先ですが、老後も心配です。年金はどれぐらいもらえるのか、退職金は当てになるのか、今貰っている世代よりは明らかに少ないと思います。老後は貯金を取り崩して生活していかなければいけないような気がします。貯金もなくて、借金に手を出すような生活はしたくありません。主人の両親は自営業をしていて、今はもうそのお店は閉めているのですが、閉める間際は売り上げに対しての支払いが追いつかず自営業でも借りられるローンを利用して支払いをしていました。そして老後を迎えた今もその時の借金を年金の中から返済をしている状況です。ですから、お金に余裕もないので孫たちに何かしてやるとかお祝いとかっていうのは一切してもらったことがありません。してほしいとかそういうのではないのですが、自分はそんな人生は送りたくないなと思うのです。なので毎月の貯金っていうのは絶対にしてきたいと考えています。
今は、最初に月々の貯金額が決まっていますが、生活費の中から浮いたお金も少しずつ貯金に回していきたいです。貯金に回せるような節約をしていきたいです。一番、節約しやすいのが食費だと思います。買い物に行く回数を減らしたり、外食に使うお金を抑えたりです。忙しかったり、仕事で疲れていたりすると外食に頼りがちですが、家で簡単に出来る調理にして外食費を節約出来たらと思います。ただ、どうしても無理な時はたまには外食もいいと思います。
まだまだ何かしらの節約できる余地はあると思うので、出来る範囲で無理のないように貯金に回せるお金を作っていきたいです。